>

ブログ運営

リード文の書き方|コツと例文を解説!本質的な注意点もあり

 

悩む人
リード文って大事なのはわかってるんだけど、どうやって書くといいんだろう...

 

本記事では、こんな悩みにお答えします。

 

前提として、「リード文を見直すべき人の注意点」も解説しているので、是非ご参考にしてみてくださいね!

 

本記事の内容

  • リード文が大事な理由
  • リード文を見直すべき人
  • リード文の書き方
  • リード文を書くタイミング
  • リード文の例文

 

リード文が大事な理由

 

リード文が大事なのは、「読者はブログの冒頭のリード文(導入文)で記事を読むか判断する」からです。

 

結論:リード文には、記事の内容が記載していないとダメです。

 

リード文 = 記事の内容を表している

 

クーヤン
リード文が、「読者が思ってたのと違う~」だったらガッカリです。

 

理想的なリード文とは...

〇・・・「リード文=記事の内容」が読者の意中のもの

△・・・「リード文=記事の内容」がわからないけど、それっぽくね⁈

✕・・・「リード文」が読者が思ってたのと違う

 

〇と△はいいんですが、✕の悪い例は、初心者によくありがちな間違いです。

 

記事の内容はとてもいいのに、リード文で損しちゃう。

 

これでは、せっかくの記事なのに、読者から離脱されてしまします。

 

【注意点】リード文より大事なものあり

 

注意点として、リード文を見直して「ブログの運営を見直そう」って人には前提条件があります。

 

注意

リード文を見直すべき人は、ある程度PVがある人です。

 

悩む人
「ある程度」って、どの程度よ?

 

最低はわからないんですけど、基本100記事までは、記事を書くことをおすすめします。

 

PVの少ない人は、自分の記事がまずクリックされていません。

 

読まれていない記事の導入文をいくらリライトしても、意味はありません。

 

クーヤン
悪いことは言いません。PVを増やしたい人はまず記事を増やしましょう。

 

読まれていない記事=クリックされない記事の対処法については、こちらの記事で詳しく紹介しています。

CHECK
ブログ初心者に告ぐ!やめる前に確認すべきPVを増やす15のコツ

続きを見る

CHECK
稼げるブログ記事タイトルの条件とは? 作り方7ステップ

続きを見る

 

リード文をうまく書く3つのコツ

 

リード文をうまく書くにはコツがあります。

 

特別な知識は要りません。

 

基本はこの3つを理解しておけばいいんですね。

 

リード文3つのコツ

  • SEOを理解する
  • 検索意図を理解する
  • 記事を読むメリットを示す

 

クーヤン
1つずつ紹介していきますね!

 

SEOを理解する

 

SEOといって、検索エンジンで上位表示される仕組みを理解する必要があります。

 

基本的には、前述のとおり、記事の本文中の内容を網羅的にリード文に織り込めれば100点です。

 

ただ、リード文はダラダラと長文でも読者は離脱してしまいます。

 

端的に、「この記事はこんな内容だよ!」って感じで書いていきましょう。

 

SEOを意識したブログ記事の書き方はこちらの記事で紹介していますよ。ご参考まで。

CHECK
ブログアクセスを増やす記事の書き方12の手順を5分で解説!

続きを見る

 

検索意図を理解する

 

「検索意図を理解する」ことは、「読者がどうして当該記事にたどり着いたか」を理解することにほかなりません。

 

検索意図が理解できれば、読者に共感してもらえるリード文を書くことができこと請け合いです。

 

検索意図を理解する方法はこちらの記事に詳しくまとめていますよ。ぜひ参考にしてみてください。

CHECK
検索インテントとは?3つの分類と4つの瞬間|知らないとキーワード選定失敗です!

続きを見る

 

記事を読むメリットを示す

 

記事を読むメリットを示すことは、この先の文章を読んでもらうためには、とっても効果的です。

 

なぜなら、「えっ、この記事読むとこんなPV増えるの?」と予想以上に期待をさせることができるからです。

 

この記事を読むとこんな未来がありますよっていうのは、リード文の定番の書き方のひとつです。

 

是非試してみてくださいね。

 

クーヤン
あっ、それと、期待値に見合う記事内容にも磨きをかけてあげてくださいね!

 

リード文はいつ書く?

 

リード文を書くタイミングは、最初と最後です。

 

基本、記事は構成を考えてから、本文を書き始めるものです。

 

ですから最初に書いた「リード文=記事の内容」は崩れないです。

 

ただ、もう一押しなどのテコ入れをするために、最後にもう一度見直してみましょう!

 

リード文おすすめの例文

 

リード文では、ある程度「型(テンプレート)」っていうのがあります。

 

これを覚えてしまうと、スラスラとリード文を書いていくことができるようになりますよ!

 

リード文の型

  • ~でお困りではありませんか?
  • ~ってどうやるんだろう?
  • こんな悩みを解説します。
  • この記事を読むと~が解決します。
  • この記事を読むと~な特典があります。
  • 非常に簡単に~できる方法を紹介します。

 

こんな言い回しが定番ですね。

 

あとは箇条書きで、文中の内容をなるべく網羅的に、まとめておくと読者は探し求めていた記事だと確信します。

 

+αの内容を織り込んであげることも忘れないでくださいね!

 

まとめ

 

リード文の重要性や書き方のコツ・例文について解説しました。

 

もう一度おさらいしましょう!

 

理想的なリード文とは...

〇・・・「リード文=記事の内容」が読者の意中のもの

△・・・「リード文=記事の内容」がわからないけど、それっぽくね⁈

✕・・・「リード文」が読者が思ってたのと違う

 

リード文3つのコツ

  • SEOを理解する
  • 検索意図を理解する
  • 記事を読むメリットを示す

 

リード文の型

  • ~でお困りではありませんか?
  • ~ってどうやるんだろう?
  • こんな悩みを解説します。
  • この記事を読むと~が解決します。
  • この記事を読むと~な特典があります。
  • 非常に簡単に~できる方法を紹介します。

 

中にはリード文よりもほかの項目を見直した方が、ブログ運営をより改善できる人もいます。

 

「思考停止でリード文が大事だから」とならない様、お気を付けくださいませ。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

クーヤン・キンポー

アラフィフ l 会社員 l ブロガー2年生
Twitterフォロワー1,000人
ブログ運営ノウハウをズブの素人目線を大事に発信します!

-ブログ運営

© 2022 kuuyanblog