>

ブログ運営

【ブログ記事の書き方】基本ルール12の手順を5分で解説!

 

悩む人
「サクサク記事が書ける方法」ってないかな~?

 

いつもブログを書いている手順はありますか?
クーヤン

 

この記事では、ブログをやり始めたけど、なかなか記事が書けない

 

そんな悩みにお答えします。

 

ブログ記事を書くには手順が大切です。

決まった手順でブログを書くと意外とスラスラ~っと書けますよ。

 

本記事では、スラスラ~っと、ブログを書いていく方法について紹介します。

 

この記事を読んで欲しい人

  • いつも決まった書き方がない人
  • パソコンの前で固まってしまう人
  • 執筆スランプにおちいってる人

 

「ブログ初心者の方向け」の記事ですので、30記事以上執筆された方は、そっと閉じてくださいね。

 

ブログ記事の書き方の手順とは

 

みなさんはどんな手順でブログを書いていますか?

 

手順がなくて、記事を書いていると、書き始めるまでに結構時間がかかっちゃう。

 

「時間だけが過ぎていく。」よくあるパターンで、結構消耗しますね。

 

クーヤン
私がまさにそんな状態でした。

 

どんなブログも、この手順で書いていくとスラスラ~っと書くことができます。

 

ブログを書く手順

  1. 自サイトで取り扱う記事内容を決める
  2. キーワード検索をして記事タイトルを決める
  3. 目次を作る
  4. 記事本文を書く
  5. 内部リンクを貼る

 

クーヤン
まずは全体の流れを見てみよう!

 

自サイトで取り扱う記事内容を決める

 

最初に自サイトで書いていく記事内容を決めていきましょう。

 

これは、「自分のブログのテーマ(ジャンル)を決めるってこと」と同んなじですかね。

 

だいたい3つくらいにしないと、まとまりがなくなっちゃいます、と言われています。

 

クーヤン
ただ、安心してください。

 

ブログ初心者はあまり悩まないで、どんどん書いていきましょう!

 

そのうち自ずとジャンルは決まりますから。

 

キーワードを検索して記事のタイトルを決める

 

記事内容に関するキーワードを探していきます。

 

書く内容は、「みんなが悩んでいること」だっていうのは聞いたことありますよね。

 

それを解決してあげる記事を書くんですね。

 

みんなが悩んでいることって、どうやって見つけるか。

 

それは、

「検索されている数(検索ボリューム)」=「検索ニーズの高さ」

なんですね。

 

だから、まずキーワードを確認することが重要になんですね。

 

キーワードがどれくらい探されているかを確認してみる。

 

キーワードがタイトルや目次に入っていないと、記事が探されないのは当然なんです。所詮、コンピューターですから、呼び出しをかけないと出てこない。

 

悩む人
わりと単純な仕組みなのか....

 

なにか探される仕組みがなければ、その記事が検索されるようにはならないんです。

 

だから、「タイトル」や「見出し」には必ず、キーワードを入れる。

 

キーワードは、探されているものでないと、読まれる記事にはなりませんよね。

 

ちょっとクドイですが、大事なとこなんですね。

 

記事を書くのに大切な検索意図(インテント)についてはこちらの記事で紹介しています。

 

CHECK
検索インテントとは?知らないとキーワード選定失敗です!3分類と人が買う4つの瞬間

  悩む人キーワードってサジェストワードで、検索ボリューム大きくて競合少ないのでいいんじゃないの? &nbsp ...

続きを見る

 

目次の作り方

 

では、実際の記事執筆といきたいところですが、まずは目次を作成してあげてください。

 

いきなり記事を書き始めると、自分の経験談が先行しちゃう。

 

ひとつの項目について書き始めていくと、先に書く内容を忘れてしまいます。

 

目次を書いておけば、話が脱線しても、「あれ、次に何書くんだったかな」、なんてことにならないで済みます。

 

ここで、大切なのは自分で独創的な記事を書くんではないところです。

 

キーワード検索で決めた記事内容はすでに先行記事があります。

 

ということはGoogle先生の模範解答はもう出ているのです。

 

その模範解答は、Google検索の最初のページにある内容です。

 

タイトル作成時に使用したターゲットキーワードで、検索上位に挙がっている記事たちが、そのキーワードにおける正解記事なのです。

 

これらの要素を含まない記事を書いても検索上位には上がりません。

 

上位記事を読み込んで、目次を作成していきましょう。

 

記事全体のレイアウト

 

文章は、レイアウト” 構成 ”が大切です。

 

「記事はテンプレートに沿って文章を書いていけばOKです」、なんて聞いたことありますよね。

 

このテンプレートが、いわゆる” 構成 ”、「記事のレイアウト」にあたります。

 

だいたい、この構成は下記のようなものが基本です。

 

参考

【タイトル】

・アイキャッチ画像

~前書きリード文~

【見出し①】
・画像挿入
・本文

【見出し②】
・画像挿入
・本文

【見出し③】
・画像挿入
・本文

【まとめ】
・画像挿入
・本文

 

よく見るかたちです。

 

初心者には、この構成がみられず、冒頭から、タイトルやリード文が長かったり、挿入画像が本文中に散りばめられたり、となってしまいます。

 

この基本構成で記事が書かれている人は、もはや、初心者ではないとわたしは思っています。

 

そして大切なのは、タイトルに何を書くか?です。

 

クーヤン
答えは、” 結論 ”です。

 

タイトルには” 結論 ”を書きます。

 

そして、まとめで、もう一度、結論を書くわけです。

 

この決まりを守れば、初心者ブロガーが書いた記事も、基本” 構成 ”に基づいた、立派な見栄えのする記事に産まれかわります。

 

ブログ記事本文の書き方

 

本文中の記事の書き方にも、ある程度決まり事があります。

 

決まり事を守って書くと読みやすいです。

 

例えば、
「読み易い文章で書いていきます。」
読みにくいですね。
「読みやすい文章で、書いていきましょう。」

 

こんな感じですね。

 

句読点を多めに使う

句読点を入れないで書かれると本当に読みずらいんですね。

句読点を、多めに使うと、読みやすいんですね。

 

1文を長くしない

それと、一分が長すぎると、非常に、読みずらい文章になってしましますので、適度に文脈をきって、次の文にした方いいんですね。

 

これで60文字です。

 

ワードデフォルト設定の、40文字程度が、妥当なとこなんじゃないかな、と思います。

 

これで40文字です。

 

タグボックスをつかう

ずっと、文章が続いていると、疲れてしまうんですね。

少し箸休めがほしいのです。

適度にボックスを使用して、記事にメリハリをつけていくと読みやすいと感じます。

 

漢字を使い過ぎない

漢字の使いすぎには注意が必要です。

参考

  • 頂く  → いただく
  • 嬉しい → うれしい
  • 今更  → 今さら
  • 改めて → あらためて

文にやわらかさが出ますね。

 

文法を気にし過ぎない

あと文法もあまり気にしないほうがいいです。

最初はだいたい固くなっちゃてるんですね。

 

カタカナに置き換えてみる

あとは、ひらがなをカタカナで表現するんですね。

 

参考

  • おすすめ → オススメ
  • かんたん → カンタン
  • きつい  → キツい
  • つらい  → ツラい

 

こんな感じですね。

 

ブログ記事本文の書き方の注意点を、おさらいしましょう。

 

記事本分書き方の注意点

  • 句読点を多めに使う
  • 1文を長くしない
  • 一文は、40文字程度にする
  • 適度にボックスを使う
  • 漢字を使いすぎない
  • 文法を気にしすぎない
  • ひらがなはカタカナでも試してみる

 

ここら辺に気を付けて、本文記事を書いていきましょう。

 

目次が終われば、そこでやっと記事本文に取り掛かります。

 

記事が書き終わったら、関連する自分の他の記事にリンクを貼りましょう。

 

集客記事なら収益記事への内部リンクも忘れず貼っていきましょうね。

 

モバイルフレンドリーについて

今どきは、スマートフォンの普及で、iPhoneやスマホからブログサイトにアクセスする割合が多くなっています。モバイルページのコンテンツはSEO的にも大切です。

 

グーグルアナリティクスなどをみると、閲覧している端末の割合が確認できるはずです。

 

ブログ記事を執筆するのはパソコンでも、パソコン以外のデバイスからブログサイトが、きちんとアクセスできるかも確認しておきましょう。

 

まとめ

 

記事の書き方は、サイトのテーマさえ決まれば、単純な作業みたいなもんです。

 

幹となるテーマ回りの記事を書いていけばどんどん記事は増えてきます。

 

私もそうですが、はじめは1記事にコンテンツを詰め込み過ぎました。

 

皆さんも過去の記事を読み返すとありませんか?「詰め込み記事」が。

 

ブログの記事の基本にはこんなルールがあります。

 

1記事1メッセージ

 

「詰め込み記事」は、いくつかの記事に分割すれば、記事数が増えますよ!

 

クーヤン
一石二鳥、やったね!

 

記事数を増やすと、SEO的にも評価が上がります。是非、参考にしてみてくださいね。

 

では、頑張っていきましょう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ブログ運営

© 2021 KuuyaBlog