>

ブログ運営

ロングテールキーワードの簡単な選び方!上位表示の厳選4つのポイント

 

悩む人
キーワード選定ってどうやるんだろう?

 

クーヤン
とりあえず、ロングテールキーワードで記事を書いていけばいいですよ

 

本記事の内容

この記事では、ロングテールキーワードでの記事の書き方について紹介します。

 

ロングテールキーワードとは

 

キーワード検索には、大きく3つの分類があります。

 

キーワード検索の3つの分類

  • ビックワード :     1語での検索
  • ミドルワード :     2語での検索
  • ロングテールキーワード :3語以上での検索

 

ビックワードは、検索需要が多く、競合するサイトも多いワードです。

 

逆に、ロングテールキーワードは、ニッチキーワードとも呼ばれ、検索ボリュームが1,000以下のキーワードに使われることが多いです。

 

ロングテールキーワードは、「しっぽのように長く伸びるキーワード」という意味です。

 

例えば、ピクニックが好きで、それに関連した記事を書きたければ、「ピクニック」というキーワードで、検索上位が取れるようなオススメのキーワードを知りたいですよね。

 

関連する ロングテールキーワードは、

 

  • ピクニック×お弁当×安い
  • ピクニック×持ち物×軽い
  • ピクニック×場所×近い

 

と、こんな感じです。

 

検索するキーワードは、数が多くなるほど、内容が明確になると言われています。

 

ロングテールキーワードの特徴

 

ロングテールキーワードの特徴は、ビックワードやミドルワードに比べて、検索意図が明確です。

 

ユーザーは、ある程度、調べる目的がはっきりしているわけですね。

 

なんとなく調べている人は、細かいキーワードを指定してググらないです。

 

そのため、ビックワードに比べるとロンテールキーワードには、次の特徴があるといえます。

 

  • 検索ボリューム少ない
  • 競合サイトが少ない
  • CVR(Conversion Rate)が大きい

 

検索ボリュームは、ビックワードに比べれば、少なくなります。当然、競合サイトも比較的少ないです。

 

CVR(Conversion Rate)は、顧客転換率という意味で、あなたのサイトで掲載している広告を見て商品を購入した、いわば成約率のようなものです。

 

ロングテールキーワードは、ビックワードに比べてCVRが大きいです。

 

考えてみれば当たり前の話で、なんとなく調べて、契約しちゃったなんて不用心な人はあまりいません。

 

ロングテールキーワードの探し方

 

それでは、実際のロンテールキーワードの探し方についてご紹介しましょう。

 

ロンテールキーワードの探す手順は以下のようにすると、わかりやすいですよ。

 

ロングテールキーワードを探す手順

  1. ラッコキーワードでビックワードを入力する
  2. 全キーワードコピーをキーワードプランナーにコピペ
  3. 検索ボリュームのチェック

 

この手順でキーワードを探していけば、どんどん記事が書けるようになります。

 

無料キーワード検索ツールはこちらの記事で紹介しています。

 

CHECK
無料キーワード検索ツール5選【ブログ初心者】使い方も紹介します。

  悩む人キーワード検索ツールってどんなのがあるんだろう?   クーヤン無料のものでも十分使えますよ ...

続きを見る

 

ロングテールキーワード選定のクライテリア

 

ロングテールキーワードで選ぶキーワードの組み合わせは、どんな基準で選べばいいのでしょう?

 

キーワードプランナーで検索ボリュームが大きいものを選べばいいのでしょうか?

 

そうとは限りません。あまり競合のドメインパワー(サイトの強さ)が高いキーワードでは、検索上位を獲得することはできないです。

 

ですから、そのキーワードの1ページ目の競合サイトをよく吟味して、キーワードを選定していく必要があるんですね。

 

記事公開時期の確認

 

記事のテーマによっては、季節依存性に需要が変化するものもあると思います。

 

わかりやすい季節もののテーマ

  • いちご狩り
  • 海水浴
  • 紅葉狩り
  • スキー旅行

 

この辺りは、季節外れに公開しても、なかなか、需要が少ないので、ここは検索ボリュームを見ます。

 

記事の順位が安定する期間として3か月間くらいのリードタイムを見て(シーズンの3か月前)、記事を公開すべきでしょう。

 

まとめ

 

ロングテールキーワードのいいところは、ビックワードに比べて、検索上位が狙いやすいところです。

 

ロングテールキーワードで、検索上位が取れてきたら、ミドルワードを狙ってみましょう。

 

ロングテールキーワードで上位に上がった記事が仮に収益記事ではなくても、そこから収益記事に内部リンクを貼れば、収益記事への流入が増えます。

 

とにかく検索上位になる記事をなるべく多く書いていきましょう。

 

ブログ記事の書き方の手順は、こちらの記事で紹介しています。

 

CHECK
【ブログ記事の書き方】基本ルール12の手順を5分で解説!

  悩む人「サクサク記事が書ける方法」ってないかな~?   いつもブログを書いている手順はありますか ...

続きを見る

 

自分の記事の検索順位を測定できる大人気の激安神ツールはこちらの記事で紹介しています。

 

CHECK
【ブログ初心者】激安神ツールGRCのおすすめプラン・買い方・設定方法を解説!10分で完了

  悩む人そろそろGRC導入しようと思うんだけど、買い方とか使い方を知りたいな~、あとオススメのプランとかね ...

続きを見る

 

自分のサイトの内部リンク構造がわかるプラグインはこちらの記事で紹介しています。

 

CHECK
内部リンクを可視化してサイトの専門性を高めよう プラグイン「Show Article Map」

悩む人内部リンクって聞くけど大事なのかな?   クーヤン内部リンクの重要性は、SEO対策としてE-A-Tという ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ブログ運営

© 2021 KuuyaBlog