>

ブログ運営

ブログのリライト方法「なぜやる?いつやる?」を徹底解説

 

悩む人
ブログ記事なかなか読んでもらえないなぁ。1日10人くらいしか見てくれてない。もうダメだ…。

 

ブログ記事をたくさん読んでもらうためには、記事のリライトが必要ですよ!
クーヤン

 

この記事では、ブログ記事の「リライトのやり方」「リライトの目的」「リライトするタイミング」について解説しています。

 

この記事を読んでほしい人

  • ブログ記事のアクセス数があがらない
  • ブログ記事の検索順位があがらない
  • いつ記事の書き直しすればいいかわからない

 

クーヤン
そんな悩みにお答えします。

 

ブログの記事の検索順位を測定する激安神ツール「GRC」はこちらの記事で紹介しています。▼▼

CHECK
GRCの使い方と購入方法|ブログ初心者が買う前に注意すること

続きを見る

 

ブログリライトとは?

 

ブログのリライトとは「内容はそのままで、記事を書き直すこと」です。

 

ブログリライトの目的は、検索ニーズを満たし、記事内容を読みやすくわかりやすくすることなんです。

 

内容自体が変わっちゃうと、検索ニーズも変わってしまいます。

 

ポイント

その場合はリライトではなく、新しく記事を作成する必要があります。

 

ブログのリライトとは、「読者の検索ニーズを満たす」「記事をよりわかりやすく修正する」ことです。

 

そして「Googleの検索順位を上げ」「読者に最も選ばれる記事に書き直すこと」なんです。

 

ブログリライトとは

  • テーマと記事の内容はそのまま
  • 検索ニーズをさらに満たす
  • よりわかりやすい文章する
  • Googleの検索順位を上げる

 

しかし、リライトは、必ず成功するとは限らないんですよね。まぁ当然ですが…

 

リライト失敗の結果、読者ニーズから離れてしまう場合もあります。
(記事の検索順位がさがる→アクセスが激減→傷心)

 

クーヤン
そんなことを聞くと怖いですが、上を目指すにはリライトが必要になるんです。

 

ブログの記事の検索順位を測定する激安神ツール「GRC」はこちらの記事で紹介しています。▼▼

CHECK
GRCの使い方と購入方法|ブログ初心者が買う前に注意すること

続きを見る

 

ブログリライトはなぜする?

 

ブログリライトをする理由は、「書き直すことで記事を育てるため」なんです。

 

クーヤン
ブログ記事は一度書いたら終わりではないんですよ。

 

ブログは、ほかの情報発信ツールと違い「何度でも書き直すことができる(リライトできる)」というメリットがあるんです。

 

例えば、YouTubeやTwitterのツイートなんかは、一度発信したら、もう修正ができませんよね?

 

ブログ記事は「何度でも書き直していい」んです。

 

クーヤン
ブログリライトは、記事を修正することで、何度でも記事の検索順位を改善していくことができるんです!

 

 

1つ1つの記事の検索順位が上がると、サイト閲覧の「滞在時間」や「回遊率」が向上し、サイト全体の評価もあがっていくことにつながります。

 

ブログリライトの目的

  • 検索読者の満足度向上
  • 記事の検索順位の改善
  • ブログ滞在時間・回遊率の改善
  • ブログ全体の評価の向上

 

ブログのリライトはいつやるの?

 

ブログのリライトをする時期は、「今でしょ」じゃないです。公開してすぐじゃないんです。

 

クーヤン
記事の順位は、公開してすぐは不安定なんです。

 

特に公開初期の順位は安定したのものではなく、株価みたいに上がったり下がったりします。

 

自分の記事の検索順位計測ツールを使用している人ならわかりますが、検索順位は公開してすぐには決まりません。

 

クーヤン
検索順位が安定するまでは、少し時間がかかるんです。

 

大体、1か月~3か月くらいかかると言われています。

 

安定したら、記事の検索順位が決まるので、そこがリライトをするタイミングになります。

 

  • 検索順位を確認
  • 順位が安定
  • リライトする

 

という順序になります。

 

注意

現在の検索順位を確認しないと、「リライト後の評価が改善したのか」を判断することができません。

 

記事の検索順位を計測できないと、リライトの効果を確認することはむずかしいです。

 

また、リライトするためには「自分のリライトした記事の検索順位を計測することが必須」でとても大切なことなんです。

 

リライト前後の評価(検索順位の確認)をしないで、リライトをすることは、答え合わせをしないで、問題集を解き続けるのと同じことです。

 

ブログリライトの手順

  1. 検索順位を確認
  2. 検索順位が安定
  3. リライトをする

 

ブログの記事の検索順位を測定する激安神ツール「GRC」はこちらの記事で紹介しています。▼▼

CHECK
GRCの使い方と購入方法|ブログ初心者が買う前に注意すること

続きを見る

 

ブログリライトの模範解答

 

ブログリライトの模範解答を知りたいですよね⁉

 

残念ながら、ブログリライトの絶対的な模範解答ありません。

 

絶対的なブログリライトの正解はないので、ブログ運営者の多くの人が収益化できません。

 

ある程度分かっていることは、「量」「質」「継続」がそろわないとダメだよといったことです。

 

ブログリライトの模範解答

  • まずは記事数をたくさん書く(量)
  • 記事を書くことで上手になる(質)
  • 古い記事をリライトする(継続)

 

たくさん書いて、記事を育てる(リライトする)。
= 強くてニューゲームです。

 

それとブログリライト方法は、ブログの基本を守った方がいいです。

 

ブログ記事の基本的な書き方については、こちらの記事にまとめてみました。▼▼

 

【ブログ記事の書き方】基本ルール12の手順を5分で解説!

CHECK
ブログの書き方|アクセスを増やす5つのコツを徹底解説!

続きを見る

 

ブログリライトする記事はどれ?

 

ブログのリライトをする記事は、どの記事でもいいわけではありません。

 

リライトする記事には優先順位があります。

 

悩む人
読まれていない記事は、なるべく読まれるようにしないとね!

 

ちょっと待って!リライトする記事は、ある程度検索順位が高い記事からです。
クーヤン

 

検索順位は、50位以内のものを選びます。

 

検索順位は、GRCで100位まで計測できますが、50位以内の記事をリライトする方が、優先順位が高いです。

 

50位以内に入らなかった記事は、残念ながらGoogleに認められなかったと解釈できます。

 

悩む人
そうなんかぁ~

 

ブログリライトする記事

  • 記事公開後に検索順位が安定している
  • 検索順位50位以内
  • サイト内で重要な記事

 

リライトする優先順位の高い記事は、上の内容のものからとなります。

 

ブログリライトをする方法

 

タイトルのリライト

タイトルと記事の内容は、しっかり合致している必要があります。

 

記事内容をよ~く読み直して、タイトルをリライトとしてみるといいです。

 

私もTwitterの添削企画で、記事タイトルをリライトしてもらったら、その記事だけ順位が「圏外」から、いっきに20位まで上げることができました。

 

また、読まれるタイトルには、読者の目に留まるようなキャッチコピーがあるものです。

 

例えば、

 

  • 【初心者必見】、【入門編】
  • 【ぜったいわかる】、【サルでもわかる】、【超絶簡単】
  • 【ご存じですか?】、【今更聞けない】、【知らないと損をする】

 

のようなキャッチフレーズをタイトルのあたまやおしりに付けます。

 

タイトルのつけ方については、こちらの記事にまとめています。ご参考まで~。

CHECK
稼げるブログ記事タイトルの条件とは? 作り方7ステップ

続きを見る

 

本文のリライト

冒頭に、結論が書いてあるか?」を確認します。

 

記事の冒頭の文章を「リード文」といいます。

 

読者は、リード文でその記事を読むかを判断しますから、非常に大切な部分です。

 

リード文の書き方はこちらの記事にまとめてます。ご参考まで。

 

CHECK
リード文の書き方|コツと例文を解説!初心者には注意点もあり

続きを見る

 

文章が長く書いてある場合は、「箇条書き」を用いて読みやすくします。

 

  • 文章が長い
  • 箇条書き
  • 読みやすくする

 

クーヤン
こんな感じですね!

 

また、漢字がたくさん使われていると読みずらいのです。

 

その場合は、「ひらがな」「カタカナ」に置き換えて書いてみると、読みやすくなることもあります。

 

  • 更に → さらに
  • 難しい → むずかしい
  • 辛い → ツラい

 

クーヤン
こんな感じ。

 

句読点や、改行を使ったりすると、長い文章でも読みやすくなります。

 

文章にマーカーなどでアンダーラインなどの装飾をする場合は、必要最小限にしましょう。

 

いろいろな色を使うんではなく、自分のサイトデザインにあった色を決めて統一しましょう。

 

古い情報があれば更新、打消しをして、「間違い部分」このようにを訂正しましょう。

 

h2下に画像を入れると、箸休め的な役割もあり、読みやすくなります。

 

基本的には、「1記事1メッセージ」です。

 

なので、関連する内容を補足説明する必要がある場合には、参考になる別記事のブログカードなどを置き、内部リンクを貼りましょう。

 

本文記事のリライトのポイント

  • 結論が最初に書いてあるか
  • 箇条書きを活用しよう
  • 漢字が多すぎないか
  • 装飾は最低限に
  • 古い情報は更新しよう
  • h2下に画像を挿入する
  • 内部リンクを貼る

 

こんなところに気をつけてリライトするれば完成です。

 

ブログリライトのデメリット

 

ブログのリライトは、必ず検索順位が上がるわけではありません。

 

検索意図とかけ離れてしまったり、タイトルと記事内容の整合性が低下したりすると、検索順位が下がる可能性があります。

 

ですから、軽い気持ちで「今日は適当にリライトしてみよ」っていうのは、ちょっと危険です。

 

これは、検索順位チェックツールを毎日使用していない方には、実感がないかもしれません。

 

クーヤン
きちんと、リライトが間違っていなかったか、確認しないとダメなんですね。

 

ブログの記事の検索順位を測定するスーパーリーズナブルなツールはこちらの記事で紹介しています。▼▼

CHECK
GRCの使い方と購入方法|ブログ初心者が買う前に注意すること

続きを見る

 

まとめ

 

ブログ運営に大切なのは、コンテンツの充実さです。

 

つまり、記事の数が大切です。

 

もちろん、記事の質も大切なことは言うまでもありません。

 

ある有名ブロガーさんが、「記事は自分の会社の社員だと思うといいです」とツイートしました。

 

社員の出来が悪ければ、会社の業績は落ちてしまいます。

 

出来の悪い社員は、教育が必要ですし、場合によっては解雇を検討する必要があります。

 

優秀な社員をたくさん作ることが、会社の命運を分けるのです。

 

でも最初から優秀な社員は、新卒ではなかなかいません。(「新卒一括採用制度」は、現在見直されています。)

 

やはり「育てていく」必要があります。

 

この教育が「リライト」にあたるんですね。

 

クーヤン
それでは記事の検索順位を確認して、リライトしていきましょう!

 

ブログの記事の検索順位を測定するスーパーリーズナブルなツール「GRC」はこちらの記事で紹介しています。▼▼

CHECK
GRCの使い方と購入方法|ブログ初心者が買う前に注意すること

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

クーヤン・キンポー

アラフィフ l 会社員 l ブロガー3年生
Twitterフォロワー1,000人
ブログ運営ノウハウをズブの素人目線を大事に発信します!

-ブログ運営
-

© 2022 kuuyanblog